薬学生の保健室(仮)

薬剤師だけど院に進学したから現場には出たことない。そんな俺が語るのさ。

9~12月までの勉強法

ご無沙汰しております、マツケンです。

 

今回は問い合わせや質問が何件かあった、「これから先の(国試までの)勉強法」についてお答えしていきます。

___________________________________________________________________

 

今回は直前期の勉強法というよりは、年末までの勉強法を書いていきます。

 

まずポイントとしては2つ・・・

 

(1)出来ない苦手科目にはもう注力しすぎない

(2)必須問題は調子よければ90%取れるようにする

 

 

(1)に関しては、特に有機化学や物理、動態あたりが苦手な人に多いのが殆ど苦手科目の克服に時間をかけすぎている印象があります。

 

ハッキリ言って、残り半年でそれらが得意になることは中々ありません、正直言って。

もしくは出来るようになっても、逆に薬理や法規や実務などの暗記系を忘れてしまうという本末転倒な事態が生じる可能性があります。

 

 

もう何度も過去に記事で書いていますが、国試が受かる絶対条件は薬理が得意であること。さらには薬理が得意ということは生物が得意であること。

 

この2種類が出来るのが基本ベースです。

 

動態はまだしも、物理・化学は得意な人でも中々8割は取れません。しかも衛生や薬理と比べて問題数も少ない。

 

なので(2)のないようにも繋がりますが、必須問題レベルを1ミス程度に時間をかければ持っていけるくらいの知識量を優先して確保することです。

 

それ以上は、ほかの科目とのバランスを考えてやりましょう!

 

ちなみに必須問題は、過去の理論問題の選択肢の内容をリメイクした再出題が多く見られるので、理論問題の答えを導くことよりも5個の選択肢中のわからない単語を調べなおすことの方が有効かと思います。

 

 

ここまでまるで「理論問題はやるな!」と言わんばかりの書き方ですが(笑)、個人的には12月までは1つの問題に時間をかける精神的な余裕があると考えているので、予備校の問題集などで重要マークがついているものなどを優先して解くべきだと思います。

 

年が明けるともう完全に暗記に走る方が良いと思いますので。

 

でも夏休みまでの様に、ネットや参考書を調べて1問に1時間かけたりする勉強はもう駄目です。これからは点取り要素をやはり意識せざるを得ないです。

 

 

なので繰り返しになりますが、今更ではなく、今から寧ろCBTレベルをしっかり固めること!そして理論に時間をかけられるのは年末までだと思って、良問を絞って練習すること!!

 

自分で考えることも大事ですが、これからは予備校や大学の先生などをもっと有効に活用し、解くためのポイントを短時間で入手できるように時間を惜しみながら生きていきましょう!

 

1日1科目しか勉強しないより、苦手科目と得意科目、暗記系科目の3種類くらいには目を通すようにスケジューリングするのが個人的にはおススメです。

 

年末あることが多いと思いますが、全統や卒業試験など(1月にやる大学の方が多いかもしれませんが・・・)でいい結果が出ると年明けからさらに国試の勉強もブーストをかけやすくなります。

 

後悔の無い様に全力で勉強しつつ、1日1時間くらいは全力でリフレッシュしながらエンジン切れにならないように走り切りましょう!!

 

 

 

では以上、今日はこの辺で。

 

 

 

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)

yakugaku.hatenablog.jp