薬学生の保健室(仮)

薬剤師だけど院に進学したから現場には出たことない。そんな俺が語るのさ。

【質問への回答】CBTに向けての勉強法

f:id:u4111114:20170817235032p:plain

 

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)


こんばんは!マツケンです。

 

アンケートは絶賛実施中ですので、是非ご協力おねがいいたします!

 

そして今回は、そのアンケートで頂いたCBTの勉強法に対する質問についてお答えしていきたいと思います。

 

   

私大薬学部3年です。しっかりと勉強せずにここまで来てしまっていて、1年後にはCBTもあるので本格的に勉強を始めなければと焦っています。しかし、要領が悪く、まずなにから初めていいのかわかりません。一年生からやってきた、有機化学、生化学、機能形態学などの授業の復習でしょうか?それともCBT対策の問題集を購入して必死に解くべきでしょうか? 人よりも覚えるのが苦手で、容量も悪いので今から勉強しないと到底受かる気がしません。できればアドバイスがほしいです、よろしくお願いします。 

 

 

CBTを3回生から意識されて勉強に取り組もうとされている時点で、もう充分な気がしますが(笑)、僭越ながらアドバイスさせていただこうと思います。

 

そもそもCBTの合格率は平成21年から昨年度まで97%を切ったことはありません。

薬学共用試験の実施結果 | 薬学共用試験センター

 

だからはっきり言うと、CBTなんざ『誰でも受かります』。偏差値の低い僕の出身大学でも最終的には学年120人程度で2、3人しか落ちませんし、大阪薬科大では1人落ちただけですごい騒ぎになってましたね(苦笑)

 

とはいえ10人程度落ちる大学も実際はあるらしいので、質問者さんの出身大学がもしそのような大学なら多少ビビるのもわかりますが・・・

 

正直、3回から『しっかり』勉強しないと受からないというのはまずないでしょう。今現在のご自身の成績に自信が無いのかもしれませんが、みんなそんなもんです。4回の後期だけちょちょいと勉強したら受かるはずです。。

 

って言ってしまうと何のアドバイスにもならないので(苦笑)、具体的なアドバイスをしていこうと思います。(本当に3回から勉強しようと思い始めただけでも素晴らしいことだと思います!)

 

まず最初に知っておいてほしいことですが、国試もCBTも『全てが完璧な状態で自信満々なあなた』が受験することはありません。

 

勉強はすればするほど、不安になります。過去問のまんまで出る小テストなんかとは違いますから。

 

いくら過去問演習が大事とはいえ、何が出るか実際はわからない試験はいくら勉強しても不安です。それに中々すべての範囲を平等に全て網羅することは難しいです。

 

『漢方、全然やってない!やばい!!』

 

とかよくあることです。(それが普通と思うことです、自分“だけ”がそんな状態だと思ってビビりながら試験を受けるとそれだけで何点か下がります)

 

なので知っている範囲で得点するしかありません。特にCBTは足切りが無いので得意科目でガッツリ稼いで、苦手科目は最悪捨てる作戦も遂行できます。

 

ですが3回からやるなら極力、全範囲を網羅すべく頑張りましょうね!

------------------------------------------------------------------------------

 

前振りが長くなりましたが・・・

 

授業の復習とCBTの問題集のどちらがいいかという質問ですが、どっちもやっていいと思います。

 

というよりも復習の後にCBT用の問題集で確認する流れを作ればいいと思います。

 

授業の復習だけだと、本当に出来ているかどうかを測る物差しが無いので(定期テストの過去問は先生によってCBT対策に使えるものと、使えない個性的なものがありますから問題集の方がベターでしょう)、問題集を解くことで復習の完成度を目に見える形で確認しましょうね。

 

メディセレの問題集は問題数が少なすぎるので、薬ゼミのコアカリマスターやファーマのポケ問、ナビデータの内で好きなやつを適当にをやればいいでしょう。それで充分すぎるくらいです。もしかしたらなんやかんや忙しくて1周すら出来ないかもしれませんが、まぁそういうもんです。(しかし何周も出来れば国試に向けての基礎力を確実に身に着けることが出来るので、頑張ってみましょう。とはいえ大学生は意外と忙しいですからね・・・無理せずにって感じです。。)

 

さらに意識高く勉強するなら国試の過去問で勉強していけばCBTとかハナクソに思えると思いますが、難し過ぎて勉強が進まないのが怖いので、質問者さんの成績や能力をご自身でかんがみてCBT用の問題集を中心にするか、国試過去問ベースでやるのか判断してください!(得意科目だけ国試とかでもいいかもしれません)

 

 それと、個人的に3回生である質問者さんにとってこれから大事なことはこれまでの復習も勿論ですが、9月からの3回生後期や4回生で受講する科目の(特に前期の)記憶を残しておくことです。

 

有機化学や機能形態も当然CBTの出題範囲ですが、これからCBTまでが行われるまでに受講する講義も同じく出題範囲ですので、直前期に忘れちゃってもう一度1から復習することなどの無い様に注意していただくと、それだけで2回生までの復習に多く時間を回せます。

 

そのためにもおススメしたいのは、『記憶メモ』の活用です。名前だけだと特別なものにも思えますが、要は“ちょっとしたこと”や“思ったこと”のメモです。

 

よく「まとめノート」を作成する人は多いですが、正直なところお金を出せば自分で作るより奇麗に業者が作ってくれた参考書というまとめノートは買えます。時間も節約できます。

 

しかし、自分の感想やゴロ、友達が言っていた超覚えやすい覚え方など・・・このようなものはお金を払っても手に入れることはできません。それに当ブログで散々お話ししているとも思いますが記憶にはその『引き出し』となる物があればあるだけ有利です。

 

それがちゃんとした理屈であっても、下ネタであっても、ゴロであっても、何ならその全てを持っていれば、ちょっとしたことでは忘れなくなります。こういうものを記録したノートや、おススメはLet's CBTなどの参考書に書き込んでいくことです。

 

なので通常授業にもそのノートや書き込む参考書を持ち込むといいでしょう。荷物は少し重くなっちゃいますが(苦笑

 ------------------------------------------------------------------------------

 

ここからはあくまで自分の感想が根拠の中心になってしまうのですが・・・

 

CBTはZONE1が苦手な人が多いです、いわゆる物化生。。

 

そしてZONE2と3の方が一般的に点が取りやすいとされています(うまくいけばZONE3なら満点近く狙えるかもしれません)。なので薬理・治療・動態・実務などを中心に勉強すれば点自体は取りやすいと思います。

 

それに薬理をやっているとザックリと機能形態や生理学の復習が出来るのでお得です。なので 薬理→生物で復習→薬理の次の範囲 という流れでやればスムーズかと思います。

 

物理は製剤とリンクさせながらやるといいでしょう。1科目を集中してやるより、関連した科目を横断しながら勉強するほうが『これ知っている』感を得ながら勉強できるので記憶が定着しやすいです。これまたブログで何度も言っていますが、まぁ世間が言うほど奇抜な方法なんか実はそうそう無いということです・・・

 

しかし有機だけはリンクさせやすい科目が無いので、苦手な人はどこかで腰を据えて取り組む必要はありそうですね。CBTの内容が出来ないと結局のところ国試受験期まで苦手なまま放置してしまうことはよくあることですから。。

 

化学はあまり6回生の何ヶ月かで解決できるような科目ではないので、早いうちに“普通”レベルにはしておきたいところです。化学が苦手なまま国試に突入する学生なんか山ほどいます。だから普通に出来るだけで意外にアドバンテージですから、ホント頑張って(泣)

 

あと衛生や法規の暗記系はCBTなら虹本の1問1答を繰り返すだけで大丈夫だと思います。

 

CBTはあんまり『考える』問題なんか出ませんので。この言葉が来ればコレ!みたいなのが多いです。

 

その暗記自体を『国試には通用しないZE★!!!』みたいに言う人がいますが、その暗記が不要とは言ってません。その暗記が出来ていることが前提で考え方を国試では習得しろよって意味です。

 

なのでCBTではそれが出来てりゃいいんです。逆に出来てなきゃ国試の時にまたやる羽目になるってだけです。

 ------------------------------------------------------------------------------

 

なんだかザックリ過ぎて、ちゃんとしたアドバイスになっているかどうか最早疑問なんですが・・・まとめますと、

 

1⃣ CBTとか誰でも受かるもんと思って(とはいえ油断もせず)ビビらない!

 

2⃣ 授業の復習も必要だが、達成度の確認は国試やCBTの問題集等でやってみては?

 

3⃣ 今からの講義も範囲なので、復習ばかりに目をやらず、CBTまで記憶が残るようにしよう!

 

4⃣ 記憶ノートを作ろう(もしくは参考書に書き込もう)

 

5⃣ 関連した科目を横断して『これ知ってる』感を増やそう

 

6⃣ 有機は早い内に腰を据えて取り込もう

 

これが今回の特に言いたかったことです!! 

 ------------------------------------------------------------------------------

 

今回はアンケートの感想欄に頂いたコメントを(勝手に)掲載し、アドバイスをさせて頂きました。

 

が、次回からは事前に全体に見せる記事として引用していいかの許可をこちらから伺いたいと思いますので(また個人的に返信・回答してほしい方もいるでしょうから)

 


上記のリンクより送っていただければと思います。こちらの連絡フォームには返信用のアドレスを記載してもらう項目がありますので、その後メール等でやり取りをしてからの対応にさせて頂きたいと思います。

 

もしくはアドレスを教えたくなくて、「記事にしてもいいですよ」という場合はその旨を記載していただけると幸いです。

 

 以上、今後ともよろしくお願いいたします。(もしこの記事の内容以上につっこんで質問したい場合なども一度ご連絡いただければと思います)

 

 

 

 

役に立ったと思ったらクリックお願いします↓ 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 薬学生へ  にほんブログ村 大学生日記ブログ 修士課程大学院生へ

 

Twitter始めました、フォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)

yakugaku.hatenablog.jp