薬学生の保健室(仮)

薬剤師だけど院に進学したから現場には出たことない。そんな俺が語るのさ。

お金は使うところでは使うべき & 法規まとめプレゼント

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)

yakugaku.hatenablog.jp

 

 

 

こんばんは!マツケンです。

 

今日は“お金の話”です。。

 

 僕の通っていた大学は、大阪の私立大学ですので、薬学部の学費はやっぱり高額でした(苦笑

 

なのでお金持ちの人ばかりが通っている・・・かといえば意外とそうでもなくて、学年の2/3以上が奨学金を貰っているような状況でした。

 

だから女の子がブランドバックなんか持っているのを見たことがありません。田舎の大学なのでそういうものかもしれませんが、それにしても、って感じです。

 

有難いことに僕は奨学金を貰う必要がない状態でしたので、親には頭が上がらないわけですが。。

 

ですが、それが悪いことかどうかはよくわかりません。

 

 

「清貧」という言葉もありますが、学年には何人かはこういう考えの方がいます。

 

『予備校の夏期講習とか高いだけで意味ないよ』

『教科書とか使わないから最低限しか買わねーよ』

青本とか先輩からもらえばいいじゃん』

 

みたいな。別にいいんですけどね、寧ろ自分で頑張って受かるなら素晴らしいと思います。

 

でも、それを強要するのは止めて頂きたい。

 

お金持ちの家の子が予備校の講習会出まくっても、苦学生が教科書だけで合格することも最終的な意味としては同じです。

 

人の生まれや立場は不平等です。恵まれた人も、いまひとつのひともいるでしょう。

 

でも、どちらが良いとか悪いではなく、現状に即した最も適当な手段を選ぶべきです。

 

それに、時間をお金で買うという考えも大学生程度の年齢になれば必要な考え方です。

 

バスもない歩いて2時間かかるような道をタクシーで行けば20分なら、状況によってはタクシーを使うべきです。

 

なんなら4人とかいれば、料金を割ればバスより安いときもあるでしょう。

 

とにかく『タクシーは高い!』というイメージだけで、客観的に見れば無駄の極みみたいな行動を続ける人は本っっっ当に多い。金にものを言わせろって意味じゃないですよ。

 

なので、前振りが長くなりましたが、今日は『予備校の動画や講義は必要なものはしっかり活用しよう!』というお話です。

 

そしてもうはっきり言います、物理と化学は独学はしんどいです。この2科目に関しては、高校時代にしっかりやらずに大学に入った人は独学で得意になるのはほぼ無理です。

 

講習受けるなら物・化です!

 

ぼくも高校時代は文系なのでセンターレベルの化学しかやっていなかったので、大学で前半戦は超苦戦しました(特に有機)

 

なのでファーマプロダクトのモリガドウ先生の動画を見たら、普通以上の成績までは持っていくことはできました。

 

やっぱり有名講師は教え方が上手い。勿論、キャラの得手不得手があるので、お試し動画とかを見てから決めるべきだとは思いますが(ここが合わないと授業が良くても頭になかなか入らないことが多いです)。

 

それとこれは真面目な人ほどやりがちなのですが、高校時代の範囲から復習しようとしてはいけません!

 

予備校の先生はいわゆる私立の底辺薬学部の学生もわかるように、省くところは省き、グレーゾーンな内容で教えることもありますが、薬学生なら誰でも理解できるような授業を展開されます。

 

なので根本的な理解ではないかもしれませんが、問題は解けるようになります。

 

僕個人としては、とりあえず問題を解けるようになってから逆に高校時代に戻ってみるほうが『ほぇ~、高校生ってこの範囲もやるんだー』みたいな感覚になれるので、優越感をもって(笑)復習が出来ると思います。

 

この優越感を持つことは意外に大事で、前にも記事に書きましたが、ある程度の内容を知った状態で取り組む方が苦手な科目は頭に入りやすいってことです。一から基礎からやることは素晴らしいのですが、挫折しがちです。苦手な科目は基礎からビビりながらやると、本当に楽しくないです。

 

一から四くらいまでを予備校の講師パワーで引き揚げてもらってから、そのあと必要なレベルまで自分で積み上げていくと楽です。

 

おすすめとしてはファーマプロダクトの動画アプリです。

 

薬ゼミやメディセレは単科目だけの動画を売ってくれませんし(遠方から通えない浪人生が買う為のものなので)、RECは昨年から項目売りじゃなくて科目ごとになってしまったので、内容的に自分には要らないところもセット販売されちゃうし。。

 

ファーマの動画も良いんですが、視聴期限があります。

 

しかしアプリは何回でも見れます。

 

弱点としては、動画より少し高価なことと、科目が全て揃っていません。

 

苦手な学生の多い科目から公開されているような気がするので大抵の人にはヒットしそうですが、分析化学や実務の計算範囲なんかは無いのが残念かと思います(ファーマの動画の方にはあります)。

 

因みにぼくは有機と動態を買いました(というか当時はそれしかなかった・・・)。今は製剤やCBT対策など科目も増えてますね。

 

そしてもし買って勉強しよう!という人には注意を。

 

このアプリ動画のみならず、すべての動画教材に言えることですが、強制力がないので全て見終わるまで意外と時間がかかります。そういう自己管理力がないと自覚のある人はリアルの授業の方がいいかもしれんせんね(どうせ内容は同じなので)。

 

それと1回見終わった後も何回も見直せるのが、このアプリ動画の強みなわけですが、1から聞き直すと時間の無駄です。先生の小話のシーンはもう必要ないです。

 

ですがチャプターごとに早送りとか出来ないんですよ(代ゼミでDVD借りて見るなら出来るのかもしれませんが)。。なのでテキストに大まかな時間を書き込むといいと思います。

f:id:u4111114:20170727025342p:plain

 

あとここまでファープロの宣伝部長みたいでしたが、メディセレやファープロの講師紹介動画だけでも結構のところまで対応できます。

 

何ならメディセレの紹介動画だけでSN1・2反応とE1・2反応はカバーできたりしますしね。一度覗いてみるのもいいでしょうね。

 

それと就職説明会などに予備校講師が来るみたいなのもありますので(僕は院進学を考えていたので、そういう説明会には1回も行ったことないですが。。)、うまく活用しましょう!

 

5回生や6回生になって就活のことも調べ始めると、ドラッグストアなんかでは動画の視聴権を内定者にくれる企業や、内定者だけの予備校補講があったりします。

 

なので、絶対病院がいい!という人以外で、成績悪いから就職先とかなんでもいいから動画くれる企業にするわ、みたいな人もいました。そりゃ受からないと内定貰っても仕方ないですからね。

 

動画を見ることが絶対的で唯一無二の勉強法です!とは言いませんが、たしかに便利ではあるので無料で貰えるやつはうまく活用して、必要なら自腹を切って見るのも決して将来的には無駄にはならないと思いますよ。

 

正直、国試落ちて予備校もう1年通う方がもっとお金かかるからさ(苦笑

 

以上、お金も必要なら使おうという話でした。。

 

 

最後に、夏に法規を極めたい人にマツケン特製のまとめプリント(管理薬ver.)を公開しますので、必要ならば活用ください!

管理薬・毒物劇物まとめ 161219改訂.pdf - Google ドライブ

 

もし改善した方がいいという点があったり、感想があればまた教えて頂けると幸いです!

お問い合わせフォームはこちら

 

 

ではお休みなさい、また次回更新でお会いしましょうzzz

 

 

 

 

 

役に立ったと思ったらクリックお願いします↓ 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 薬学生へ  にほんブログ村 大学生日記ブログ 修士課程大学院生へ

 

Twitter始めました、フォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)

yakugaku.hatenablog.jp