薬学生の保健室(仮)

薬剤師だけど院に進学したから現場には出たことない。そんな俺が語るのさ。

【随時更新】最新情報はコチラ!

みなさんへのご連絡や、記事についてのお知らせ等は常にこのページにてさせて頂こうと思います。

 

アンケートの結果、PCよりスマホでブログを見てくださっている方が多いとのことですので(はてなブログの有料版に加入していないということもあり)、PC版ほどアイコンを作ったり加工が出来ない使用になっているスマホ版の現状に即して、『とりあえず先頭にあるこの記事を見て!』という形でとりあえず行こうと思います。

 

【疑問・質問・メール相談・科目指導募集などなど問い合わせはコチラ!】

  苦手科目指導に関する問い合わせはコチラ

  メールでの勉強法相談はコチラ

  その他の問い合わせはコチラ 

 

TwitterInstagramやっております】 

 

 

【現在募集中のアンケート】※各リンクよりご参加ください!

 ① 薬学生限定のアンケート21問(動態公式集をプレゼント)

 ② Instagram限定  薬学生アンケート10問(病態検査学 1問1答集をプレゼント) 

 

【連絡板】※お問い合わせいただいた内容への返事や、更新情報など

 <アンケートでのお問い合わせ・質問に対する回答>

 

 質問)

  メールでの勉強法相談について詳しく教えてほしい

 

 回答)

  上記お問い合わせフォームより質問(どういう勉強法が良いかなど)を記載し送って下さい。

  

  問い合わせフォームに記載していただくアドレス宛に後日、回答いたします。なにぶんボランティアでやっておりますので、マツケン自身が多忙な場合は返事にお時間がかかることがあります。ご容赦ください。。

 

  また、他人には見られないメールでのやり取りとなりますので、なるだけ具体的に(漠然と勉強方法全般教えてくださいとか言われても、「いや記事見てください」としか返信できません)お願いします。

 

 

ありがとうございました!

意味深なタイトルですが、別にブログ辞めませんよ(笑)

 

先日まで募集していたアンケートですが、20人弱の方々にご協力いただくことが出来ました。ありがとうございます!

 

中には薬学とは関係のない方からのコメントもあり、新米とはいえ薬剤師として、また1人の成人男性としてもう少しまともな記事を書こうと思いました。ハイ。。

 

結果の詳細は控えさせていただくとして、

 

・関西と中国地方の方が読者では多い

・6回生と3回生の読者が多い

・女性読者が多い

 

このような大体の結果となりました。やはりCBT前であったり、国試前の学生がよく見てくれているのかと思います。

 

女性読者が多いのは・・・うれしいです(笑)

 

野郎はもういいんだよっ!(ゲス顔

--------------------------------------------------------------------------------

 

ということで、本当にありがとうございました。

 

で、矢継ぎ早で申し訳ありませんが次のアンケートをまたとらせて頂こうと思います。

 

より細かなアンケートですので、前回よりは時間がかかると思います。。スイマセン。

 

また今回は薬学生限定のアンケートになりますのでご了承ください。

 

とはいえ、タダで協力していただくのも恐縮ですので、最後まで答えて頂いた方にはほんのお礼といたしまして、お手製の動態公式集をプレゼントします。

 

それでは今後とも、このブログをよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

役に立ったと思ったらクリックお願いします↓ 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 薬学生へ  にほんブログ村 大学生日記ブログ 修士課程大学院生へ

 

Twitter始めました、フォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

薬理学は裏切らない

f:id:u4111114:20170817235348p:plain

 

 

 

 

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)


 

今日は山の日でした、みなさんいかがお過ごしでしょう?

 

マツケンは大阪に帰省しています。といっても、別に何にもする予定はないんですけどね。。

パークスシネマに行って仮面ライダーの映画でも見ましょうかね、まぁそんなところです。陰キャですいません(苦笑

 

で、本日の記事ですが「薬理学は裏切らない」というタイトルです。

 

国家試験における薬理学の重要性と、タイトルにはありませんが「国家試験」というもの、さらには「薬剤師になる」ということについて僕自身はどう思っているか?そういうことを書いていきますので、良かったら最後まで読んでいただけたら幸いです。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

まず、薬理学はなぜ国試で重要なのか?ということの回答は『奇問が出ないから』です。

 

出ないと言い切ってしまうと少し怖いですが(笑)本当に少ないです。

 

こればっかりは、過去問を解いて納得していただくのが一番だと思いますが、薬理学に関してはCBTの勉強をする段階から国試の過去問で勉強すべきだと思います。

 

だって出来るもん(笑)

 

あまり計算する必要もないし、要は知っているか知っていないかだけの問題なので、4回生でも6回生でもさして知識に差が無いと思いますので是非チャレンジしてみてください!

 

それに4回生の内に薬理の知識をある程度完成させていると、実習に行った際に無駄に調べる時間が減り、また「おぉ、これが〇〇か~」と感じる機会も多くなり、有意義に終えることが出来る可能性が上がります。

 

そして6回生の方は「新薬はでるのか?」ということが気になると思います。年末に近づくと各予備校でも新薬出題予想講座みたいなんありますが、

 

最後の最後にやりゃいいです。青本に載っている薬をしっかり覚えれればいいです。

 

予備校は「漏れ」を嫌うので、割と細かいことも教えてくれますが、今の時期からやることではありません。今の時点で薬理がすごい得意なら別ですけど。

 

とりあえず何でもいいから過去問解いてみよう、それで僕の言いたいことは解る筈です。夏休みを利用して領域別問題集でも1周してみましょう、いうて300問も無いので1日10問ずつで1ヶ月ですし、おすし。

 

イストラデフィリンですら出てないんじゃなかったっけ?予備校の模試ではよく見ますけどね。

 

ちなみに実際の国試より難しいと言われている薬ゼミ模試で、薬理で難しい問題が出れば「1番聞き覚えのない」薬を選べば7割くらいで当てれます(笑)

 

模試は青本のメモ欄という、細かめ目の内容が書いている部分からむっちゃ出ます。でも実際の国試は普通のページの赤文字のところがよく出るので、「基本の基本」をしっかりやりましょう。

 

薬理が苦手な人は生物が出来ない人がほとんどなので、もし低学年で薬理が苦手な人は

生物の復習(解剖よりは生理範囲、および微生物と細胞周期やDNA合成の範囲)をしっかりしましょう。

 

5回や6回で苦手な人は青本などの実際の薬が出てくる前の、軽い生物の復習みたいなページをよく読みましょう。そして、恐らく機序のまとめ図みたいなものがあるはずなので、それをイメージして出来ることなら空で大体書けるようにすることを目標に、というより早くできるようにしましょう。

 

6回生がそれを12月でやり始めると間に合いません、明日からやりましょう、そらやれ!急げ!!(笑)

 

 

色々書いてきましたが、薬理出来ないとかハッキリ言って論外です。薬学部で薬理勉強しないなら辞めれば?っていう(真顔)。好きか嫌いかは別で、やればストレートに点が取れる範囲をやらないのなら受からないでしょそりゃ。

 

衛生や法規が得意という人は特に薬理も得意科目にするようにしましょう、老婆心ながらこれは絶対伝えたいことです。その2科目は割と奇問が多いし、「奇問が出ても満点狙う」とか考えるとマニアックなことをしまくる必要があります。

 

正直、そんなことに時間がさける程6回生には余裕はないはずです。卒業研究も就活もあるのでね。

 

過去に何度か記事に書いたことがあると思いますが、「試験勉強にコスパを意識すること」は重要です。がむしゃらに勉強することを否定はしませんが、今の自分の成績でそれをする余裕があるか?試験勉強が嫌だから好きな科目ばっかりやって逃げていないか??6回生はそこらを良く考えて残り半年を過ごすようにしましょう!

 

もう1科目に1ヶ月はかけられませんよ!!!

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

国家試験について、最も大事なことは何だと思いますか?

 

僕は「合格すること」この一点のみだと思っています。

 

これは低学年の方にも聞いてほしい話ですが、薬学部では真面目な方が多いので「ただただ真面目に勉強する」ことを崇高なことだと過度に考えている人が多いです。

 

勿論、大学は学問を修める場所なので勉強をするのは当然として、僕は人間性を構築する上で大事な場である思います。

 

なので友達を作ることも大事だし、たまにはオールでカラオケするのもよし、恋をするもよし、大学のイベントにお熱になるもよし・・・

 

高校までは割と狭いコミュニティの中でのみで生きているのが、お金も多少は持てるようになり、行動範囲も広がっていくのが大学生活です。

 

薬剤師は色々な人と接する仕事です、なので「人の気持ちがわかる」人間でないと良い薬剤師にはなれないと思います。

 

ハッキリ言って、国試で満点を取っても傲慢な性格なら薬剤師には向いていないと思います。少なくとも、患者さんからのウケは悪い筈です。

 

薬剤師は病院にしろ、薬局で働くにしろサービス業です。技術職よりサービス業です。

 

人の気持ちがわかるためには、色々なタイプの人と出会い、接してみることが大事です。

 

なので、(よく単科の薬科大に多いですが)狭いコミュニティで6年もいるためか、成績が良ければ傲慢になり「自分が出来る」と勘違いする輩や、高校のクラスみたいに、いっっっっっつも同じメンバーで固まって行動する女子軍団とかも、、、

 

どちらもダメです、患者さんは同級生と同じ杓子定規で考えてくれません。ヤバい人もめんどくさい人も、やさしい人もいます。そのすべてに対応するには同じ面子で固まってたり、成績だけで測る杓子定規を基準にして調子に乗ってたら駄目です。

 

これは過去の自分にも言い聞かせていることなので(苦笑)、決して僕自身が出来ていたわけではありませんが・・・

 

リア充を嫌う根暗な僕ではありますが、ある意味、根暗薬学生は多少リア充になる努力をする必要があると思います。

 

スタバでかっこつけたり、クラブに行ったり、友達とサーフィンに行く必要は特別無い気がしますが(笑)、いろんな人と話してみたり、多少無理しても明るく初対面の人と触れ合えるスキルを磨いておくべきだと思います。

 

なので、そのための時間も必要なので、「ちゃらついて勉強しない奴はゴミ」で「四六時中勉強している自分は偉い」とか思っちゃだめですよ。

 

てか、あまりにも四六時中勉強してるって、それ効率悪いだけかもしれませんよ。ホントに。

 

院生になって(とはいえまだ学生なのに)座って本読んでお勉強することに使える時間が激減しました。社会人なら尚更なんじゃないでしょうか?

 

なので、大学生の内に(死ぬほど苦しんで勉強することも絶対必要ですが)短時間でも勉強できる環境づくりや方法を構築するものまた勉強です。

 

教科書を覚えるだけの薬学生ライフにならないようにしましょうね。僕はそこまでのことを出来なかったけど、卒業したからこそ「あぁこうしときゃよかった」みたいな気持ちで今書いてます。

 

なぜ、高校や中学で歴史を学ぶのか、仕事で先輩から助言をもらうのか。

 

これは「先人の経験から予測される失敗を回避するため」です。でも結局、同じ失敗をしてしまうから人間なんですけどね。。やだね(苦笑)

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

最後に下の画像を見てみてください 

 

※3分頃からご覧ください↑

 

代ゼミに通ったことないので、実際に荻野先生の数学を受けたこと無いんですが。。

 

結局こういうことなんですよ、大学入試も国家試験も共通しているのは「試験という箱庭の中でしか学生を評価できない」ことです。

 

本当に薬剤師に相応しいか調べるなら2日間だけのマークシートじゃなくて、記述問題にして、さらには超厳しい病院とかで1ヵ月くらい研修させて適性検査とか実施しても本来はいいはずなんです。

 

でも実際は345問の内、225問以上が出来るかという一点のみでしか判断されません。

 

それに必須は1問1分で解けるような問題を委員の先生方は作製するし、合格率が1割切る様な超絶難問ばっかの試験を作ると厚労省は怒るわけです。

 

そんな制約の多いご都合主義の「試験」でしかないのです。

 

だから、受かる様にテクニックを駆使すればいいし、決して真正面から戦うこともないわけです。

 

といって(自分もそうですが)、国試で高得点を取ったところで「くすりのことは何でも知っている」などと思いあがるのは良くない!

 

薬剤師は生涯勉強です。勿論、国試で出たすべての科目がこれから必要になるとは限りません(というかほとんど要らないです)。でも、各々の進んだ進路でその進路先なりの勉強、または新たな専門知識の習得が求められるはずです。

 

だから国家試験の合格はあくまで「ちゃんとした意味での薬剤師になるためのスタートライン」であって、ゴールでも何でもないわけです。

 

もし仮に345点を取っても薬剤師に関する知識が満点では無いし、現実的には「トリビアよく知ってるね」というほどの重要性でしかないことも多いわけです。

 

とはいえそのスタートラインにも立てない薬学生が例年多くいるのも事実なので、とにかく現実問題としてスタートラインに立つべく点を取るしかないんです。

 

それに先ほども書きましたが、教科書の勉強だけが勉強ではありません。なので座学命になりすぎることもないし、また生真面目すぎた結果、「点を取る技術が未熟で」志充分しかし点数不充分になっては元も子もないわけです。

 

嫌に真面目な人はテクニック的なものを嫌う傾向もありますが、あくまで自分の現状を抑えて上でどうすれば合格するのか?(そういうことに多少なりとも不安がる方がこのブログの読者層だと思うので)を考えて勉強しましょう。

 

勉強をする意義みたいな哲学的なことや、より専門的な範囲まで網羅したいという欲求は充分に国試に受かる状況になってから考えるようにしてください。ハッキリ言って合格後に考えても充分間に合います。

 

とにかく目の前の、一番大事なことに対して最短距離で行くにはどうすればいいか。

 

それを考えて頑張りましょう。低学年の方にも再度伝えますが、国家試験“そのもの”は本当に意味のあるものか正直、疑問です。

 

薬学部が6年になったこととか(医者に合わせたとか色々あるでしょうが)も、将来要らないような科目を大量に受講しないといけないことも、『薬剤師に相応しい根性があるか?』を試されてるくらいに考えましょう。

 

国試の範囲の勉強、ひいては青本の中身がこの世のすべてみたいに思う悲しい人にはならないでください(6回生の1年間だけはそう思ってください(笑))。

 

また、少しセンチになると『今している勉強することの意味』とか考えて堂々巡りになりますが。。

 

単位取得のため、国試に出るから、そんなくらいしか意味ないです。

 

高校で習った古文や漢文だって、学習要領的には学ぶ意味が書いているのかもしれませんが、正直高校で授業があるから、入試に出るからという理由でしか勉強してないでしょ?

 

意味は後からついてきますし、将来にもし学び直す必要があった時に1回やったことは復習しやすいから、この程度の認識でいいと思います(英語がいくら苦手でもアラビア語を新しく学ぶより楽でしょ?解らないなりに1度触れるということには結構意味があります)。

 

 

外は暑いし、セミはうるせーし嫌になりますど、迷った時は『ただ目の前のこと全力を出す』それでもしんどければ、一度視野を広げて『鳥の目で見る』、これで大体は解決します。もうそれでも駄目なら寝ろ。

 

薬学生って我ながら大変だったと思いますが、みなさん、あと何年あるかは知りませんけど薬学生ライフをしんどいながらも全力で頑張ってみましょう。

 

そうすれば、将来の良い思い出にはなると思います。やっている最中はどうしても視野が狭くなるけど、卒業したりして少し離れた位置から見ると、また違うことに気付くことも多いです。

 

なので、『今は』わからないなりにでも、良い意味で思考停止しながら夏を乗り切りましょう!!

 

では、長くなりましたが今回ほここまで。また次回に!

 

 

 

 

役に立ったと思ったらクリックお願いします↓ 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 薬学生へ  にほんブログ村 大学生日記ブログ 修士課程大学院生へ

 

Twitter始めました、フォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

教えるということ

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)


 

 

こんばんは、お疲れ様です。マツケンです。

 

今日は勉強法とかではなく自分語りになってしまいますが・・・ごめんね(笑)

 

僕はこのブログを何のために開設したのか?

 

普通、こういうノウハウ系というか勉強系みたいなブログって日常系の日記と違って(もちろん自己満的な要素もありますが)、アクセス数を稼いでビジネスに発展させたり、同じ境遇の方々との触れ合いの場にしてみたり。。

 

何かしら目的があって書いているわけです。

 

僕としては薬学生の指導をバイトとして行いたいと思っているわけです。

 

なので、その宣伝というか、人となりを知ってもらった上で選んでもらいたいというところですね。

 

家庭教師掲示板みたいなのは、一言しか書けないし、なんか希薄な気がしてねー (-ω-;)

 

詳しくは一番最初の記事 ↓


お金の面でいえば調剤薬局やドラッグでバイトする方がそりゃ稼げると思いますけど、僕が欲しいのはお金ではなく「知識を再確認をする場」と「大学院の以外の人間関係」が欲しいわけです。

 

いくら国家試験受かって1年も経ってないといえども、使わない知識は本当に高速で消えていきます。光陰矢の如し的な。

 

しかし実際は院で、TCAサイクルとか有機溶媒の極性であったり、アセトアミノフェンの肝障害についてとか・・・ふいに必要になってきます。自分は質量分析メインの筈なんですけどね(苦笑)

 

先生の「薬剤師だから知ってるよね!?」の一言、マジで怖い(笑)

 

薬剤師の免許を持っているのが研究室では自分だけなので、やはり薬の話だったりは修士1年にして、先生から不意に質問されたりすることもあるわけです。

 

流石に調べればまだまだ覚えてはいるわけですが、やはり即答できるように理解を再度深めたい。国試直前くらいの知識量とまではいかないけどさ。

 

だけど、自分で机に座ってお勉強って感じになると中々できません。一人暮らしは家事も大変ですし😓・・・正直、今は英語の方が勉強しなきゃだし(笑)

 

でもバイトとしてある程度、強制力と制限時間を設定されると無理矢理にでも復習できると思ったわけですよ。

 

それに修士の座学講義も終わり、研究室に直行して家に帰る繰り返しに現状なっているので、もう少し違うコミュニティの人と話したいという欲求が、もうかなり出てきてしまっているのです*1

 

毎日7、8人としか話さないと流石に話すこともなくなってくる(苦笑)

 

なら街コン行けよとか言われたこともありますが・・・怖いじゃん!(真顔)

 

街コンって何よ、知らない『街』に行って『コン』フューズ的なことですか?なにそれこわい。。

 

 

家庭教師って書いているので、あれですが。。正直、家庭にお伺いする気はあまりないです(笑)

 

どこか場所を探していただければ、向かいのホーム、路地裏の窓・・・そんなところにいるはずもないのに。。

 

複数人でもOKです。プリントも出来れば作りたいと思います。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

と、本日は宣伝中心でしたが、このブログを見てくれている薬学生の方も友達に教えてみてはいかがですか?

 

教えるとなると、フワッとした理解では不信感を買いますし(辛い・・・)、わかっていない人には簡単にかみ砕いて言う必要もあります。

 

でもこれがすごい自分の力になります。

 

それにこのブログでもたびたび書いてはいますが、細かすぎること(まだ詳細が判明していないことや論文まで踏み込まないと真に理解できないこと)は屁理屈でもいいので『自分なりの理屈づけ』をしたら覚えやすいです。

 

ですが、それを教えるとなると、その理由づけも自分だけではなく万人向けのものに進化させなきゃいけないし。。

 

苦労する側面もありますが、得ることは多いです。

 

勿論、自分の成績や余裕を鑑みてやらないといけませんが下級生になら割といけますよ。

 

 

最近、インスタで『勉強垢』っていうハッシュタグが流行ってるみたいで、わずか5年くらいですが自分の大学生時代とは違うなー、最近の子はすごいなーと思います。

 

twitterより今はインスタの方が勢いがあるのかな??(笑)

 

しかし自分の勉強時間を記録して、晒して、顔も知らない薬学生同士で刺激しあうっていうのも『真面目かっ!!』って思います(o^―^o)

 

そんな勉強したことないよって時間を2回生とか3回生の人とかが勉強しているのを見ると、こちらも実験とか頑張ろうと思いますよホントに。

 

薬学生のみんな、頑張ってくださいね!夏休みに入ったけど少しは勉強しましょうね。先輩にも偶には偉そうに言わせて頂戴(笑)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

今日は名駅に虹本を買いに行きました。実家の大阪にもあるんですけど、化学だけはコチラにもおいとこうと思いまして。

 

f:id:u4111114:20170809014503j:plain

 

意外かもしれませんが、院に入っても青本とか普通に参照しますしね。専門書ほど詳しくはなくても、やっぱり要点は良くまとまってますよ、予備校の本は。

 

もうしばらくは青本と虹本にお世話になるようです(笑)

 

 

では今日はこの辺で、それでは(@^^)/~~~

 

 

 

 

役に立ったと思ったらクリックお願いします↓ 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 薬学生へ  にほんブログ村 大学生日記ブログ 修士課程大学院生へ

 

Twitter始めました、フォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

*1:+_+

根拠のない自信を持て! 【付録:夏休み用の衛生お勉強pdf】

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)


 

 

お久しぶりです、マツケンです!

 

先週から他大学の大学院生さんが留学(?)に来られて、その指導をなぜか仰せつかって、こっちも大して機器の扱いなんか解ってないのに必死に指導していました。

 

おかげでさまで、1週間で4回寝落ちするという新記録を打ち立ててしまう次第で(笑)

 

ブログの更新頻度が下がってしまいました。。言い訳タイムでした(苦笑

 

そろそろ精神論以外も書きたいんですが、まだまだペーペー学生が指導する謎の日々はもう少し続きそうなので、ちょっとそれどころじゃないかな・・・うーん。

 

まぁ本業は院での生活ですので、ご勘弁いただきたい (-ω-;)

 

内容がしょぼいとか言わないでぇ(´・ω・`)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

今日はマツケン黒歴史的な自己紹介にも繋がるような内容になってしまう感じですが、、、いいでしょう(笑

 

皆さんは勉強とかしていると自信なくなることないですか?

 

「みんなより暗記できない、わたし薬学向いてない」

「底辺薬学だから、どうせ国立の人とは頭が違う」

「高校の時から化学苦手だからできないんだ」

 

色々あると思います。

 

個々人によって色々なタイプがあると思うので、凹みやすい人と、耐性のある人、あるとおもいますが

 

自信を失ったときは地の果てまで落ちればいいと思います(マジ顔

 

下手に気分を盛り上げようとするより個人的には効果的でした(でもこれは個人的な感覚なので悪しからず)。それと、これは更に声を大にして言いたいのですが・・・

 

失った自信を取り戻すには妥協か成功体験しかない!

 

成功体験はいわゆる試験でいい点とるとかそういうことです。では妥協とは?

 

自分を許してあげることです。ハードルも人それぞれで、あまり甘い基準で妥協しまくると只のダメ人間になってしまうので程度の調整は必要ですが(苦笑

 

これは仮にこのブログを見ている人の中で留年したとか、薬学部を辞めたみたいな人がいたとして、自分を責めすぎるのは良くないと思います。

 

反省は勿論必要ですけど反省は次に生かすものであって自分をボコボコに苛め抜く行為ではないのです。

 

臨床検査技師に方針転換するとか(多いらしいですね、こういうこと)、来年からは絶対留年せず7年で卒業して国試も1回で通るぞ!とか、スパッと切り替えていきましょう。辛いことがあっても人生の時間は刻一刻と終了へと迫っているので、ちんたらセンチな気分に浸っているだけ無駄です。

 

だから凄いスピードでドーーーーンと気分落としたら、来週からは心機一転頑張ろう!!くらいの切り替えが大事です。

 

『中々、そんなことできねぇよ!』とか言われそうですが、嫌われるのを覚悟で言うと、大体は傷ついているのは最初だけで、途中からは“傷ついている自分を演出して周りに同情して欲しい”だけです。

 

そういう方法でメンタルを回復すると時間もかかるし、経験や知識を何も得ることなく終わってしまします。なんなら人間関係も微妙に崩れる人もいるかもしれません。

 

なので受動的ではなく主体的に欝な自分を克服しましょう!

 

そして主体的な妥協も決して悪いことではないです。ヤバいときには勝つまで戦うより、一時撤退して状態を立て直すことも大事です。

 

とは言え、この妥協が出来るかどうかは「私には〇〇があるから」という最後の砦みたいなものを持っているかというのが意外に大事だと思いました。

 

大学時代、仲の言い某支援センターのA先生とお話ししているとき「男子校とか女子校出身の方が根拠の無い自信持ってるよねー♪」みたいなことを言われた気がします。先生ごめん、ちゃんと覚えてないや(笑)

 

でもその先生は予備校の講師時代、同期の半分が半年で退職していく中なんとか踏みとどまり、某ファープロの超人気美人講師としてご活躍された時期もあったそうな。。

 

大学(といっても薬学とか一部ですけど)や高校時代は成績ですべてを評価されているような感じにどうしてもなってしまいます。

 

だから成績が悪いと馬鹿にされ、成績が良いとチヤホヤされます。しかし、それはあくまで学内の話であって一歩外に出れば他の部分が大事だったりします。

 

国家試験という点でしか評価されないものが最終目標なので、どうしてもそうなっちゃうのは仕方ないのですが、あまりダメな時に自分を全部否定しないでください。

 

成績良くてもコミュ障のきったねー、こいつになんか服薬指導されたくねーよみたいな人もいるし

 

この子はみんなに好かれて友達も多いし、真面目なんだけど何故か成績むっちゃ悪いんだよなー、みたいな人もいます。

 

 

でも結構、多くの人は自分のいいところは知らずに、悪いところばかり良く知っているので他人以上に自分を痛めつける形で凹みます。

 

そこから立ち上がる時にどうしても根拠のない自信が最後のクモの糸になると僕は思っています。

 

それが無い(というか見つけれていない)人が、言い方悪いですが自殺しちゃったりするのかなと思っています。(極端な考えですけどね)

 

ちなみに松本は超エリート高校出身です。

f:id:u4111114:20170807012312p:plain

 

割と賢いっしょ?(笑)中学受験の時、東大寺学園には落ちたけどね。。

 

でも結局そこで落ちこぼれて、文系で2浪したのに最高でも龍谷大までしか受からなくて、それなら実家が薬局だし私立のヘボ目の薬学受けとくか・・・って母校に入学するという(苦笑)そら最初の何年間かジャックナイフのごとく周り見下すわ(最低)

f:id:u4111114:20170807012600p:plain

 

冗談で『偏差値半分になった!』とはよく言ったもんです。ですけど、薬学の勉強なんて高校でやらなかった範囲(薬理とか)は高校がどことか関係なくみんな一斉にスタートなので、勿論勉強しないと偏差値40いくらの高校出身の同期に負けるわけです。

 

結局、最後まで学年1位とか全然なれなかったことが悔しいというか、ここまで学費払って良い高校に行かせてくれた親にも申し訳なくて偶に思い出しては凹みますけど(笑)

 

でもどこかでは『俺は自頭はいい』みたいな、口に出していったら痛い奴でしかない(苦笑)自信を持っていました。

 

それに偏差値高い高校出身なんだから周りに負けるわけにはいかない!!と鼓舞する材料に使ったこともあります。(でも結構、負けてましたけど。。あぁ死にたい)

 

この経歴もシスの暗黒面に落ちれば『どうせ俺は高校始まって以来の馬鹿だよ・・・』とか『あいつらバカばっかだな、真面目にお勉強しちゃって(でも俺は勉強しない)』みたいな言い訳や卑屈になる要因になりかねません(てか実際2回生くらいまではそうでした)

 

ネガティブに考えて得ることがあるのならそれはそれですが、無いですからね殆ど。

 

ポジティブに考えることが素晴らしいのではなくて、ポジティブな人はすぐ次の行動に移るから素晴らしいのです。

 

気分落ち込んだままでも『あぁ、でも青本やらなきゃ』みたいになれるなら、もうそのままでいいです(笑)

 

結局は妥協して、自分を許して、次なる成功体験につなげるためのエネルギーを蓄えることが大事なんです。

 

だから(大事なことなので2回目)、妥協は決して悪いことではないし、次なる成功への下準備だとでも考えてください。

 

そして、過去の栄光でもいい、性格でもいい、顔でもいい、バイトの時の手際がいいとかでもいい(?)、自分の最後の砦になる自信を持ちましょう。そうすると妥協するときに自分を許しやすいです。コテンパンにされても立ち上がる勇気を貰えます。

 

薬学は成績に関わらず、真面目な人が多いです。だからそういう人ほど、自分をノックアウトしやすいので気を付けて!

 

あなたも辛いけど、安倍首相やミッション遂行中のCIAのスパイとかのがよっぽど辛いから(笑)

 

茶化すわけじゃないけど、こうやって1回鳥の目(第3者目線)で自分を眺めると、自分の中だけでぐるぐるぐるぐる考えて悪循環に陥るより、意外と楽に物事を見ることが出来るかもと僕は思います。

 

今日は本当にただの精神論でしたが、テストも終わって結果で一喜一憂されている方が多いとは思いますが、ダメなところは凹む前に夏の間にパワーアップさせて、良いところは自分でも褒めてあげて、ある程度は自分を過保護のカホコにしてあげてください。

 

薬学部はそうでなくても欝っぽくなるほど科目や勉強時間が多いですから。

 

夏は日照時間が長くて冬よりは何となく欝になりにくい気がするから、勉強するなら夏にやり貯めしとけ!!これ先輩からのアドバイスな!!冬は朝起きるのもしんどいし、割とコタツで寝落ちするし大変な季節だぞ!!

 

では今回はそういうことで。少しでも勇気が出ればいいなと思います。

 

みんな自分が思っているより頑張ってるよ、偉いよでも、もう少し頑張れるから頑張れ!!

 

 

それではまた次回の更新で(@^^)/~~~

 

【付録:衛生かゆいところのまとめ

みんなが嫌いそうな衛生範囲の穴埋めです!CBT対策にもなるから、空いた時間にレッツチャレンジ!

 

 

 

 

役に立ったと思ったらクリックお願いします↓ 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 薬学生へ  にほんブログ村 大学生日記ブログ 修士課程大学院生へ

 

Twitter始めました、フォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

【質問への回答】CBTに向けての勉強法

f:id:u4111114:20170817235032p:plain

 

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)


こんばんは!マツケンです。

 

アンケートは絶賛実施中ですので、是非ご協力おねがいいたします!

 

そして今回は、そのアンケートで頂いたCBTの勉強法に対する質問についてお答えしていきたいと思います。

 

   

私大薬学部3年です。しっかりと勉強せずにここまで来てしまっていて、1年後にはCBTもあるので本格的に勉強を始めなければと焦っています。しかし、要領が悪く、まずなにから初めていいのかわかりません。一年生からやってきた、有機化学、生化学、機能形態学などの授業の復習でしょうか?それともCBT対策の問題集を購入して必死に解くべきでしょうか? 人よりも覚えるのが苦手で、容量も悪いので今から勉強しないと到底受かる気がしません。できればアドバイスがほしいです、よろしくお願いします。 

 

 

CBTを3回生から意識されて勉強に取り組もうとされている時点で、もう充分な気がしますが(笑)、僭越ながらアドバイスさせていただこうと思います。

 

そもそもCBTの合格率は平成21年から昨年度まで97%を切ったことはありません。

薬学共用試験の実施結果 | 薬学共用試験センター

 

だからはっきり言うと、CBTなんざ『誰でも受かります』。偏差値の低い僕の出身大学でも最終的には学年120人程度で2、3人しか落ちませんし、大阪薬科大では1人落ちただけですごい騒ぎになってましたね(苦笑)

 

とはいえ10人程度落ちる大学も実際はあるらしいので、質問者さんの出身大学がもしそのような大学なら多少ビビるのもわかりますが・・・

 

正直、3回から『しっかり』勉強しないと受からないというのはまずないでしょう。今現在のご自身の成績に自信が無いのかもしれませんが、みんなそんなもんです。4回の後期だけちょちょいと勉強したら受かるはずです。。

 

って言ってしまうと何のアドバイスにもならないので(苦笑)、具体的なアドバイスをしていこうと思います。(本当に3回から勉強しようと思い始めただけでも素晴らしいことだと思います!)

 

まず最初に知っておいてほしいことですが、国試もCBTも『全てが完璧な状態で自信満々なあなた』が受験することはありません。

 

勉強はすればするほど、不安になります。過去問のまんまで出る小テストなんかとは違いますから。

 

いくら過去問演習が大事とはいえ、何が出るか実際はわからない試験はいくら勉強しても不安です。それに中々すべての範囲を平等に全て網羅することは難しいです。

 

『漢方、全然やってない!やばい!!』

 

とかよくあることです。(それが普通と思うことです、自分“だけ”がそんな状態だと思ってビビりながら試験を受けるとそれだけで何点か下がります)

 

なので知っている範囲で得点するしかありません。特にCBTは足切りが無いので得意科目でガッツリ稼いで、苦手科目は最悪捨てる作戦も遂行できます。

 

ですが3回からやるなら極力、全範囲を網羅すべく頑張りましょうね!

------------------------------------------------------------------------------

 

前振りが長くなりましたが・・・

 

授業の復習とCBTの問題集のどちらがいいかという質問ですが、どっちもやっていいと思います。

 

というよりも復習の後にCBT用の問題集で確認する流れを作ればいいと思います。

 

授業の復習だけだと、本当に出来ているかどうかを測る物差しが無いので(定期テストの過去問は先生によってCBT対策に使えるものと、使えない個性的なものがありますから問題集の方がベターでしょう)、問題集を解くことで復習の完成度を目に見える形で確認しましょうね。

 

メディセレの問題集は問題数が少なすぎるので、薬ゼミのコアカリマスターやファーマのポケ問、ナビデータの内で好きなやつを適当にをやればいいでしょう。それで充分すぎるくらいです。もしかしたらなんやかんや忙しくて1周すら出来ないかもしれませんが、まぁそういうもんです。(しかし何周も出来れば国試に向けての基礎力を確実に身に着けることが出来るので、頑張ってみましょう。とはいえ大学生は意外と忙しいですからね・・・無理せずにって感じです。。)

 

さらに意識高く勉強するなら国試の過去問で勉強していけばCBTとかハナクソに思えると思いますが、難し過ぎて勉強が進まないのが怖いので、質問者さんの成績や能力をご自身でかんがみてCBT用の問題集を中心にするか、国試過去問ベースでやるのか判断してください!(得意科目だけ国試とかでもいいかもしれません)

 

 それと、個人的に3回生である質問者さんにとってこれから大事なことはこれまでの復習も勿論ですが、9月からの3回生後期や4回生で受講する科目の(特に前期の)記憶を残しておくことです。

 

有機化学や機能形態も当然CBTの出題範囲ですが、これからCBTまでが行われるまでに受講する講義も同じく出題範囲ですので、直前期に忘れちゃってもう一度1から復習することなどの無い様に注意していただくと、それだけで2回生までの復習に多く時間を回せます。

 

そのためにもおススメしたいのは、『記憶メモ』の活用です。名前だけだと特別なものにも思えますが、要は“ちょっとしたこと”や“思ったこと”のメモです。

 

よく「まとめノート」を作成する人は多いですが、正直なところお金を出せば自分で作るより奇麗に業者が作ってくれた参考書というまとめノートは買えます。時間も節約できます。

 

しかし、自分の感想やゴロ、友達が言っていた超覚えやすい覚え方など・・・このようなものはお金を払っても手に入れることはできません。それに当ブログで散々お話ししているとも思いますが記憶にはその『引き出し』となる物があればあるだけ有利です。

 

それがちゃんとした理屈であっても、下ネタであっても、ゴロであっても、何ならその全てを持っていれば、ちょっとしたことでは忘れなくなります。こういうものを記録したノートや、おススメはLet's CBTなどの参考書に書き込んでいくことです。

 

なので通常授業にもそのノートや書き込む参考書を持ち込むといいでしょう。荷物は少し重くなっちゃいますが(苦笑

 ------------------------------------------------------------------------------

 

ここからはあくまで自分の感想が根拠の中心になってしまうのですが・・・

 

CBTはZONE1が苦手な人が多いです、いわゆる物化生。。

 

そしてZONE2と3の方が一般的に点が取りやすいとされています(うまくいけばZONE3なら満点近く狙えるかもしれません)。なので薬理・治療・動態・実務などを中心に勉強すれば点自体は取りやすいと思います。

 

それに薬理をやっているとザックリと機能形態や生理学の復習が出来るのでお得です。なので 薬理→生物で復習→薬理の次の範囲 という流れでやればスムーズかと思います。

 

物理は製剤とリンクさせながらやるといいでしょう。1科目を集中してやるより、関連した科目を横断しながら勉強するほうが『これ知っている』感を得ながら勉強できるので記憶が定着しやすいです。これまたブログで何度も言っていますが、まぁ世間が言うほど奇抜な方法なんか実はそうそう無いということです・・・

 

しかし有機だけはリンクさせやすい科目が無いので、苦手な人はどこかで腰を据えて取り組む必要はありそうですね。CBTの内容が出来ないと結局のところ国試受験期まで苦手なまま放置してしまうことはよくあることですから。。

 

化学はあまり6回生の何ヶ月かで解決できるような科目ではないので、早いうちに“普通”レベルにはしておきたいところです。化学が苦手なまま国試に突入する学生なんか山ほどいます。だから普通に出来るだけで意外にアドバンテージですから、ホント頑張って(泣)

 

あと衛生や法規の暗記系はCBTなら虹本の1問1答を繰り返すだけで大丈夫だと思います。

 

CBTはあんまり『考える』問題なんか出ませんので。この言葉が来ればコレ!みたいなのが多いです。

 

その暗記自体を『国試には通用しないZE★!!!』みたいに言う人がいますが、その暗記が不要とは言ってません。その暗記が出来ていることが前提で考え方を国試では習得しろよって意味です。

 

なのでCBTではそれが出来てりゃいいんです。逆に出来てなきゃ国試の時にまたやる羽目になるってだけです。

 ------------------------------------------------------------------------------

 

なんだかザックリ過ぎて、ちゃんとしたアドバイスになっているかどうか最早疑問なんですが・・・まとめますと、

 

1⃣ CBTとか誰でも受かるもんと思って(とはいえ油断もせず)ビビらない!

 

2⃣ 授業の復習も必要だが、達成度の確認は国試やCBTの問題集等でやってみては?

 

3⃣ 今からの講義も範囲なので、復習ばかりに目をやらず、CBTまで記憶が残るようにしよう!

 

4⃣ 記憶ノートを作ろう(もしくは参考書に書き込もう)

 

5⃣ 関連した科目を横断して『これ知ってる』感を増やそう

 

6⃣ 有機は早い内に腰を据えて取り込もう

 

これが今回の特に言いたかったことです!! 

 ------------------------------------------------------------------------------

 

今回はアンケートの感想欄に頂いたコメントを(勝手に)掲載し、アドバイスをさせて頂きました。

 

が、次回からは事前に全体に見せる記事として引用していいかの許可をこちらから伺いたいと思いますので(また個人的に返信・回答してほしい方もいるでしょうから)

 


上記のリンクより送っていただければと思います。こちらの連絡フォームには返信用のアドレスを記載してもらう項目がありますので、その後メール等でやり取りをしてからの対応にさせて頂きたいと思います。

 

もしくはアドレスを教えたくなくて、「記事にしてもいいですよ」という場合はその旨を記載していただけると幸いです。

 

 以上、今後ともよろしくお願いいたします。(もしこの記事の内容以上につっこんで質問したい場合なども一度ご連絡いただければと思います)

 

 

 

 

役に立ったと思ったらクリックお願いします↓ 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 薬学生へ  にほんブログ村 大学生日記ブログ 修士課程大学院生へ

 

Twitter始めました、フォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

お金は使うところでは使うべき & 法規まとめプレゼント

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)

yakugaku.hatenablog.jp

 

 

 

こんばんは!マツケンです。

 

今日は“お金の話”です。。

 

 僕の通っていた大学は、大阪の私立大学ですので、薬学部の学費はやっぱり高額でした(苦笑

 

なのでお金持ちの人ばかりが通っている・・・かといえば意外とそうでもなくて、学年の2/3以上が奨学金を貰っているような状況でした。

 

だから女の子がブランドバックなんか持っているのを見たことがありません。田舎の大学なのでそういうものかもしれませんが、それにしても、って感じです。

 

有難いことに僕は奨学金を貰う必要がない状態でしたので、親には頭が上がらないわけですが。。

 

ですが、それが悪いことかどうかはよくわかりません。

 

 

「清貧」という言葉もありますが、学年には何人かはこういう考えの方がいます。

 

『予備校の夏期講習とか高いだけで意味ないよ』

『教科書とか使わないから最低限しか買わねーよ』

青本とか先輩からもらえばいいじゃん』

 

みたいな。別にいいんですけどね、寧ろ自分で頑張って受かるなら素晴らしいと思います。

 

でも、それを強要するのは止めて頂きたい。

 

お金持ちの家の子が予備校の講習会出まくっても、苦学生が教科書だけで合格することも最終的な意味としては同じです。

 

人の生まれや立場は不平等です。恵まれた人も、いまひとつのひともいるでしょう。

 

でも、どちらが良いとか悪いではなく、現状に即した最も適当な手段を選ぶべきです。

 

それに、時間をお金で買うという考えも大学生程度の年齢になれば必要な考え方です。

 

バスもない歩いて2時間かかるような道をタクシーで行けば20分なら、状況によってはタクシーを使うべきです。

 

なんなら4人とかいれば、料金を割ればバスより安いときもあるでしょう。

 

とにかく『タクシーは高い!』というイメージだけで、客観的に見れば無駄の極みみたいな行動を続ける人は本っっっ当に多い。金にものを言わせろって意味じゃないですよ。

 

なので、前振りが長くなりましたが、今日は『予備校の動画や講義は必要なものはしっかり活用しよう!』というお話です。

 

そしてもうはっきり言います、物理と化学は独学はしんどいです。この2科目に関しては、高校時代にしっかりやらずに大学に入った人は独学で得意になるのはほぼ無理です。

 

講習受けるなら物・化です!

 

ぼくも高校時代は文系なのでセンターレベルの化学しかやっていなかったので、大学で前半戦は超苦戦しました(特に有機)

 

なのでファーマプロダクトのモリガドウ先生の動画を見たら、普通以上の成績までは持っていくことはできました。

 

やっぱり有名講師は教え方が上手い。勿論、キャラの得手不得手があるので、お試し動画とかを見てから決めるべきだとは思いますが(ここが合わないと授業が良くても頭になかなか入らないことが多いです)。

 

それとこれは真面目な人ほどやりがちなのですが、高校時代の範囲から復習しようとしてはいけません!

 

予備校の先生はいわゆる私立の底辺薬学部の学生もわかるように、省くところは省き、グレーゾーンな内容で教えることもありますが、薬学生なら誰でも理解できるような授業を展開されます。

 

なので根本的な理解ではないかもしれませんが、問題は解けるようになります。

 

僕個人としては、とりあえず問題を解けるようになってから逆に高校時代に戻ってみるほうが『ほぇ~、高校生ってこの範囲もやるんだー』みたいな感覚になれるので、優越感をもって(笑)復習が出来ると思います。

 

この優越感を持つことは意外に大事で、前にも記事に書きましたが、ある程度の内容を知った状態で取り組む方が苦手な科目は頭に入りやすいってことです。一から基礎からやることは素晴らしいのですが、挫折しがちです。苦手な科目は基礎からビビりながらやると、本当に楽しくないです。

 

一から四くらいまでを予備校の講師パワーで引き揚げてもらってから、そのあと必要なレベルまで自分で積み上げていくと楽です。

 

おすすめとしてはファーマプロダクトの動画アプリです。

 

薬ゼミやメディセレは単科目だけの動画を売ってくれませんし(遠方から通えない浪人生が買う為のものなので)、RECは昨年から項目売りじゃなくて科目ごとになってしまったので、内容的に自分には要らないところもセット販売されちゃうし。。

 

ファーマの動画も良いんですが、視聴期限があります。

 

しかしアプリは何回でも見れます。

 

弱点としては、動画より少し高価なことと、科目が全て揃っていません。

 

苦手な学生の多い科目から公開されているような気がするので大抵の人にはヒットしそうですが、分析化学や実務の計算範囲なんかは無いのが残念かと思います(ファーマの動画の方にはあります)。

 

因みにぼくは有機と動態を買いました(というか当時はそれしかなかった・・・)。今は製剤やCBT対策など科目も増えてますね。

 

そしてもし買って勉強しよう!という人には注意を。

 

このアプリ動画のみならず、すべての動画教材に言えることですが、強制力がないので全て見終わるまで意外と時間がかかります。そういう自己管理力がないと自覚のある人はリアルの授業の方がいいかもしれんせんね(どうせ内容は同じなので)。

 

それと1回見終わった後も何回も見直せるのが、このアプリ動画の強みなわけですが、1から聞き直すと時間の無駄です。先生の小話のシーンはもう必要ないです。

 

ですがチャプターごとに早送りとか出来ないんですよ(代ゼミでDVD借りて見るなら出来るのかもしれませんが)。。なのでテキストに大まかな時間を書き込むといいと思います。

f:id:u4111114:20170727025342p:plain

 

あとここまでファープロの宣伝部長みたいでしたが、メディセレやファープロの講師紹介動画だけでも結構のところまで対応できます。

 

何ならメディセレの紹介動画だけでSN1・2反応とE1・2反応はカバーできたりしますしね。一度覗いてみるのもいいでしょうね。

 

それと就職説明会などに予備校講師が来るみたいなのもありますので(僕は院進学を考えていたので、そういう説明会には1回も行ったことないですが。。)、うまく活用しましょう!

 

5回生や6回生になって就活のことも調べ始めると、ドラッグストアなんかでは動画の視聴権を内定者にくれる企業や、内定者だけの予備校補講があったりします。

 

なので、絶対病院がいい!という人以外で、成績悪いから就職先とかなんでもいいから動画くれる企業にするわ、みたいな人もいました。そりゃ受からないと内定貰っても仕方ないですからね。

 

動画を見ることが絶対的で唯一無二の勉強法です!とは言いませんが、たしかに便利ではあるので無料で貰えるやつはうまく活用して、必要なら自腹を切って見るのも決して将来的には無駄にはならないと思いますよ。

 

正直、国試落ちて予備校もう1年通う方がもっとお金かかるからさ(苦笑

 

以上、お金も必要なら使おうという話でした。。

 

 

最後に、夏に法規を極めたい人にマツケン特製のまとめプリント(管理薬ver.)を公開しますので、必要ならば活用ください!

管理薬・毒物劇物まとめ 161219改訂.pdf - Google ドライブ

 

もし改善した方がいいという点があったり、感想があればまた教えて頂けると幸いです!

お問い合わせフォームはこちら

 

 

ではお休みなさい、また次回更新でお会いしましょうzzz

 

 

 

 

 

役に立ったと思ったらクリックお願いします↓ 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 薬学生へ  にほんブログ村 大学生日記ブログ 修士課程大学院生へ

 

Twitter始めました、フォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

アンケート実施中です!ご協力いただけると幸いです( ´艸`)

yakugaku.hatenablog.jp